リサーチパネルの評判は?稼げて安全に利用できる理由を、口コミを加えながら解説する

リサーチパネルのまとめ記事のアイキャッチ

国内のアンケートモニターでも高い人気がある『リサーチパネル』。

非常に巨大な組織が運営していて、安定したお小遣い稼ぎサービスを提供しています。

アンケートに答えてリサーチパネルからポイントもらえるって、なにか裏があったりしないの?

K

大丈夫、大手運営ならではのセキュリティ対策からその他もろもろ、しっかりとしたサイトですよ。

ただ、ご存知じゃない方は不安があっても当然ですよね。

本記事では、そんなリサーチパネルには危険性がなく安全に利用していけるのか、評判はどのような声があるのか。

どんな稼ぎ方ができるのか、詳しく解説をしていきます。

運営会社株式会社リサーチパネル
資本金7,500万円
SSLあり
プライバシーマークあり
ポイントレート10ポイント=1円
最低換金額交換は3,000pt(300円分)から。
ポイント:ECナビ管理
換金手数料ECナビから換金
手数料はかかる
ポイント換金先ECナビから
電子マネーのPeX。
他は電子マネー各種
ポイントの有効期限1年過ぎた時点で
3ヶ月ごとに有効期限
友達の紹介制度あり
年齢制限16歳以上。
16歳未満は保護者の同意が必要
家族登録可能
国外利用日本国内在住のみ

リサーチパネルとは、アンケートに回答してポイントを稼ぐモニターサイト

リサーチパネルとは何かを説明する概念図
  • 10ポイントで1円相当
K

世論調査などが有名ですが、アンケート会社側は、求められているサービスはどんなものがあるのか、モニター会員の意見を聞きたい。

アンケートをとらせてもらわないとな。と、私たちに配信をします。

けいたん

僕たちは回答して”時間の消費”をするので、その見返りとしてお小遣いとなるポイントをもらうわけです。

リサーチパネルのネットで見られる口コミの総評はどうなっているか

リサーチパネルは

  • アンケート配信数の多さ
  • バリエーションのあるアンケート調査

これらからして、高い口コミ評判を誇ります。

しかし、私の主観だけをお伝えするわけにはいきません。

ネットの声もここでピックアップしたいと思いますが、代表的な声は以下のとおりです。

  • アンケートが多くて稼げる
  • モニターも来たり幅が広く稼ぎやすい

デメリットもあり、不満の声もあわせてごらんください。

マクロミル(国内人気1位のサイト)と比べるとリサーチパネルはアンケートの数が少ないな。残念だ

たまにパソコン用のアンケートが配信されて、スマホだと操作しづらいときがあるんだよね。

私も同意した点です。

スマホでアンケートに多く回答している中、画面を指でスライドさせたり拡大させたりする動作をやっていたような気がします。

これは、PCに比べて数秒のロス程度ですが、ちょっと回答しにくいなと感じてしまう方もいらっしゃるようです。

  • ダイレクト換金がないところ
口コミでは

直接銀行機関に換金できたらいいのになあ。

同グループのECナビからpt交換をする必要がある

リサーチパネルのポイントを管理するのは姉妹会社で、名称をECナビと言います。

面倒だなあ、という印象を受けることもあるでしょう。

K

しかし、登録してしまえばあとは面倒なことは一切ないので、割とここは楽勝だともいえますよ。

ECナビののアイキャッチ用画像

ECナビの評判・口コミで良い悪い評価はどうなっている?稼ぎ方についても解説

2019年11月8日

リサーチパネルのアンケートは稼げると高い評判がある

それでは、稼ぎに関するメインテーマについて解説していきます。まずは、最も多く配信される基本WEBアンケートについて。

リサーチパネルのWEBアンケート
  • 事前アンケート
  • 本アンケート

これらWEB回答できる2種類のアンケートが主となります。

リサーチパネルまとめ1アンケート

事前アンケートで答えたアンサーを、リサーチパネルが「もっと深く回答してほしいな」と判断したとき、本調査アンケートが発生します。

その場合、『本』と付くぐらいなので、ポイント受取額は事前アンケートより高くなりますよ。

リサーチパネルアンケート一般・事前・本

これが上に挙げたいわゆる、事前調査・本アンケートです。事前アンケートの獲得ポイントは最低30pt(3円)と、いい額です。

本調査は100pt~1,000ptを行き来する獲得額となり、稼ぎの筆頭にもなります。

ちなみに、早くアンケートを終わらせようとして適当に回答してもいいことはありません。

しっかりと回答する事によって、回答内容に照らし合わせた本調査が配信されることになりますからね♪

リサーチパネルのWEBアンケート以外のジャンル

リサーチパネルはWEBアンケートだけではありません。豊富なモニタージャンルを準備しています。

リサーチパネルのホームユーステスト(商品モニター)

当ブログ管理人が激推しするホームユーステストは高い評判を誇り、商品モニターとも呼ばれています。

リサーチパネルホームユーステスト

このモニター調査が来たら、飛びつくぐらいの勢いでトライしてほしい!それほどモニターお小遣い稼ぎは評価できます。

自分の好きな商品だとして、それを使えて(食べ物だったら食べれますよw♪)ポイントゲットなんて、美味しすぎではないでしょうか。

ただし、デメリットも。

ハズレが多いよ~!

そもそも全然モニター依頼は来ないよ~

このような声も出ているわけです。

リサーチパネルの座談会(グループインタビュー)

最大級のポイント獲得額を誇るアンケートジャンル、それは座談会といいます。

リサーチパネル座談会

画像のように、最低7万pt(7,000円)からといった時給換算すると凄まじい額。それはまるで高額バイトをするかのよう。

当然簡単にはいきません。都心部の開催が多く、抽選式だったり、コミュニケーションに自信のないかただと踏み出すことが難しいジャンルでもあります。

ですが、報酬を得た方の口コミとしては、やはり舞い上がるほどの歓喜っぷりでした。

リサーチパネルの日記アンケート

こちらは、定められた期間において、指定された調査内容を日記としてWEBに記載していく形のアンケートとなります。

リサーチパネルアンケート2-1

例として、お店(飲食店や店舗利用)、他のサービスを利用を行い、その内容から感想などを日記に記すものがあったりします。

K

もちろん、WEBアンケートよりも高報酬になりますよ。私も実際におこなったことがあります。

生活習慣についての日記調査でしたが、数千分の謝礼がありウマウマな案件でした。

これら一連のリサーチパネル稼ぎ。個人情報流出、金銭でのトラブルの心配はありませんのでご安心ください。

これらをふまえて見てみても、お小遣いの効率の良い貯め方ができるわけです

リサーチパネルのポイント交換は姉妹サイトでおこなう必要がある

リサーチパネルのメインページにポイントを確認するという箇所があり、クリックすると、同じグループ系列のECナビへジャンプします。

リサーチパネルポイント交換1

ECナビの役割は、リサーチパネルで貯めたポイントを換金する、いわゆる換金所としての役割を担っています。

  • ECナビでのポイント交換イメージ
リサーチパネルポイント交換2

リサーチナビでのポイントが反映されていますので、所定のpt数に達したら換金をしましょう。

最低交換ポイント数

3,000pt(300円)から

現金への換金の流れとしては、電子マネーのPexに交換してそこから現金へ、といった流れになります。

リサーチパネルポイント交換3

ECナビからamazon・Itunesへの交換をした場合、手数料が100円pt分かかってしまいます。amazon・iTunesの交換手数料が無料なポイントサイトは他にもあるため、これらはスルーしましょう。

PeXへの交換1択で
PeX(電子マネー)からは、全国対応の銀行機関へ現金化することが可能。しかし、手数料は50円から200円はかかるため、ここは覚悟しておきましょう…!

といった一連の交換の流れでしたが、ECナビは単なる換金所の機能だけではありません。ECナビ自体もアンケートのコンテンツがあり、中にはお得なアンケートもあるので、登録ついでにいろいろとECナビ内も見てみると良いでしょう♪

リサーチパネルの友達紹介は報酬額が高く良い評価

リサーチパネルに登録し、あ、ここなかなかいいじゃん♪

と評価することができた場合は、お友達に紹介してあげましょう。

リサーチパネル友達紹介1

注意点としては、上画像のとおりで条件付きポイント加算ということです。

あなたへのポイント付与は
  • 招待したお友達が登録した後500ptsを獲得すること

上記条件を満たすとあなたに3,000pts。500ptsは50円分のポイントなので、すぐにお友達も500pts到達するコトになるでしょう♪

お友達の方のポイント付与

特典として500pts(50円)が自動加算。

ただし、同グループのECナビを紹介してあげたほうが親切かもしれません。くどいようですが、ポイント交換はECナビでおこなう必要があります。

そしてECナビの方が紹介ポイントが、あなたも紹介された方も、リサーチパネルよりも高いのです。

  • ECナビの紹介ポイントは、1,000pt(100円分)+他にキャンペーンポイントも加わります。

したがって、紹介なら、ECナビから先に加入してもらえるようにしておきましょう。

ポイ活しよう! 新規登録で1,000ポイントプレゼント!

リサーチパネルのアンケートが少ないという口コミは間違っている

リサーチパネルのアンケートが少ないという、デメリットの声も見られますが、実際は違います。

Twitterでは口コミが見られなかったのですが、ネット大手掲示板の旧2chで確認できました。

アンケート16件も来てるやんけ。

5000ptアンケート5回目終了。隔週だけど安定してポイントもらえるのはありがたい

保険会社の簡単なアンケートで3000p。やったか?

  • そんなおいしいアンケ来てない。
  • 俺のところにもきてねえ゚゚(゚´Д`゚)゜
K

まさに、少ない人と多い人で、差が見られますね。それは、趣味が多い方だと情報入力が多いので、増えやすい傾向があります。

ただし、自ら墓穴を掘り、減らしてしまっている方もいます。

別記事の見出し、リサーチパネルでアンケートがこないときは正攻法で対処するにて、詳しく書いています。

リサーチパネルの

リサーチパネルにログインできないときの対処はこうする!ありがちな疑問も解決

2019年1月13日

リサーチパネルのアプリは実質は存在しておらず口コミも厳しい

リサーチパネルには、専用のアプリはありません。

しかし、リサーチパネルのサイト内では、アプリをリリースしました。ご利用ください。とのアナウンスが。

これがネットで誤解を生みました。

K

単に、アンケートに回答しやすい、ブラウザアプリをリリースしたというだけだったのです。

ちなみに、クロスブラウザーという名称です。

ネットでは評判が悪かった
何これ?何にもアンケート配信されていないよ~。
これはただのブラウザで、リサーチパネルのアプリじゃない。やる必要ないなあ。

と、評判も悪いです。

したがって、リサーチパネルは通常のパソコン、スマホから、Web版で利用するが良いといえるでしょう。

リサーチパネルの会社情報から危険性がないかチェック

リサーチパネルの運営元は、名前がそのままついた『株式会社リサーチパネル』。

VOYAGEグループという、ポイント事業をおこなう、大手の一角です。

グループ数も多く、規模が非常に大きいことで知られています。

リサーチパネルの会社HPの画像一部をごらんください。

リサーチパネル会社概要

2005年11月に設立されており、10周年をすでに突破していますね。

リサーチパネルの資本金については、7,500万円で億にも到達しそうな勢い

つまり、サイト閉鎖の危険性はまず考えられないほどで、安全だといえます。

K

怪しいサイトは、会社情報を公開しないものです。したがって、リサーチパネルの会社情報からは、危険性は低いと判定します。

リサーチパネルのサイトセキュリティは安全性高くて安心

ここまでの巨大組織が運営するリサーチパネルのセキュリティは、抜群に良いですよ。

SSL・プライバシーマークの取得はバッチリですね。

リサーチパネルサイトセキュリティ

お小遣いサイトにおける、上記の導入が信頼度を格上げするものというわけです。

さらに、リサーチパネルは、JMRA(日本リサーチマーケティング協会)の会員でもあります。

かんたんに表現すると
  • 個人ユーザー企業問わず、リサーチして得た情報をしっかりと守る。
  • リサーチ業界の質と安全の維持・向上に努める目的のもの。

そのような機関がJMRAだととらえていただければと思います。

K

よくわからないところだなあ、と不安があるサイトに、JMRAがあった場合、信頼性もアップすると、シンプルに考えておいてOKです。

まとめ

口コミ評判の良い所
  • アンケートサイト人気はトップ3圏内
  • 運営元は超安定で上場企業のグループ
  • 万全のセキュリティで安心
  • アンケート獲得ポイントは多く稼げる
  • WEBアンケート以外でも稼げる
  • 友達紹介ポイントがトップレベルの還元額
デメリット
  • スマホで回答しにくいアンケートもある
  • pt交換はECナビで行う必要がある

以上が、リサーチパネルの口コミ評判から安全性についてのまとめ解説でした。稼げるコンテンツが多く、業界No.1のマクロミルの次に評価できるアンケートサイトでしょうか。

リサーチパネルとのセット利用だと、あなたの稼ぎはもっと加速するはず♪

私の評価としては上の上。リサーチパネルは超おすすめアンケートサイトです

リサーチパネル公式ページへ

こちらからの特典は100円分

リサーチパネルのポイントを交換する場所のECナビです。こちらからの登録の方が、わずかですがお得です。

ECナビを特典つきではじめる

リサーチパネルの登録記事のアイキャッチ画像

リサーチパネルの登録方法から退会までを画像付きで解説

2019年1月14日
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA