お小遣いサイトの入会キャンペーン!【期間限定】

【まとめ解説を読むと簡単にわかる】

すぐたま

すぐたまトップページ用画像

月末までに1ptの獲得だけでもらえる!

すぐたままとめ解説記事

ポイントインカム

ポイントサイトのポイントインカム

登録だけですぐに200円が嬉しい!
PT交換後にさらに追加で100円!

ポイントインカムまとめ解説

3ヶ月後で良い?Paidy(ペイディー)超後払いのやり方・審査などを解説

Paidy超払いの解説記事アイキャッチ画像

Paidy(ペイディー)の後払いには大きく分けて2種類があります。

翌月一括払いと、分割3回のプラスですが、あと1つだけ存在している支払いがPaidy超後払いです。

あまり認知されていない支払いですが、猶予が長い『超後払い』。

本記事ではPaidy超後払いの支払いに関して解説をしていきます。

 

Paidy超後払いとは?3ヶ月後に支払いできる決済

Paidy(ペイディー)超後払いとは、支払いを3ヶ月後にできる猶予が長い、特殊な決済手段です。

通常のPaidyが翌月払いに対して、支払い請求が3ヶ月もあとなのが大きな特徴。

結論、1ヶ月後の支払いが難しいという人に向いていますが、色んなクセもあるためしっかり覚えていきましょう。

 

Paidy超後払いが使える店

Paidy超後払いが使えるお店は現在、SHOPLIST(ショップリスト)のみです。

超後払いという名称がついているから、ほかの支払いでも使えると認識されがちですが、今はまだSHOPLIST限定。

 

SHOPLISTがPaidyとコラボしたことから、クセのある名前になっています。

 

Paidy超後払いはAmazon・ラクマでも使えない

Paidy超後払いをAmazonで使えるかどうか、調べている人も多いですが全く使えません。

ラクマでも使うことができないので、現在(2021年5月1日時点)はSHOPLISTのみということをしっかり認識しておきましょう。

 

ちなみに、Amazonは翌月の1回後払いで、ラクマは3回後払いです。

AmazonでPaidy(ペイディー)を使うやり方・使えないときの対処・ギフトまで解説

 

超後払いの支払い手段【コンビニ・銀行振込・口座振替】

SHOPLISTで買い物を済ませ、超後払いを選んだあと、通知が来て支払いをするのは3ヶ月後でしたね。

支払い通知は3ヶ月後の1日から3日までに、あなたのメールアドレス・SMSへPaidyから連絡があります。

通知のメールには、支払う手段が記載されているので、あとは支払いに必要な受付番号をもとに、コンビニ等で支払いましょう。

なお、Paidy銀行振込・口座振替などで支払うこともできますよ!

 

Paidy(ペイディ)の銀行振込・口座振替でかかる手数料を解説

Paidy(ペイディー)でコンビニ支払い!やり方と払える種類も詳しく解説

 

超後払いは分割できない

Paidy超払いは分割できない

Paidy超後払いは、翌月一括払いでも、3回のプラスでもありません。

3ヶ月後の一括支払いのみになっています。

つまり、支払いを3ヶ月後にしてさらに3ヶ月後から分割というのは不可能ということ。

 

SHOPLISTで分割をどうしても使いたいなら、クレジットカードで支払いを分けるようにしましょう。

あるいは、1回のPaidy通常翌月払いか、一括のクレカ払い(どのみち当月締めの翌月支払いになる)が良いですよ。

 

人気の関連記事

ポイントサイトでクレジットカードを作るうえでのメリットとデメリット、比較したいサイトを厳選

 

超後払いの審査

SHOPLISTの超後払いの審査ですが、以下の公式からの引用をごらんください。

 

超あと払い申込に際し、申込者の情報を信用情報機関に照会・利用・登録します。 契約が成立した場合、申込者の属性・契約内容・支払状況(滞納情報を含む)を信用情報機関に登録します。

 

上記は、あなたが信用情報機関に手続きするわけではなく、SHOPLIST・Paidy側がおこなうというもの。

審査で過去に遅れていたり、傷が入っていたりしなければ通りやすいといえるでしょう。

 

つまり、クレジットカードの審査同様になるということです。

年収については、基準の数字が記載されていません。

 

ただ、一般と同じもしくは緩めという評判があるPaidyなので、超後払いは通常の与信審査よりも通りやすい可能性があります。

 

照会情報は照会した日から半年間、支払遅延情報は完済後5年間は信用情報機関に記録が残り、 信用情報機関の加盟会員が審査のため利用できます。将来の他のクレジットご利用に影響を与える可能性がございます。

 

上記は、複数回利用するとき、Paidyで遅れた・滞納をしたなどがあれば、今後使えなくなる危険もあるということです。

 

超後払いの滞納

超後払いを使いショップリストで買い物をして、3ヶ月後とはいえ支払いで遅れることは厳禁です。

クレジットカード同様の与信審査になるため、信用情報に傷が入ってしまうから。

 

最悪の場合でも1日・2日遅れ程度に。

くれぐれも、数日遅れを数回繰り返した場合、Paidy超後払い・Paidy自体、そのほかクレジットカード・ローンも通らなくなる事態になってもおかしくありません。

Paidy(ペイディ)で支払いが遅れたときの滞納・延滞料金で必要な対策

 

Paidy超後払いのやり方

Paidy超払いのやり方

Paidy超後払いのやり方は、かんたんです。

購入前に、メールアドレスや携帯電話番号などで認証をおこない(Paidyの支払いはどれも共通)、支払いへ進めましょう。

 

支払い手順は以下のとおり。

超後払いの手順

引用元:https://paidy.com/choatobarai/

 

  1. 商品の購入を押す
  2. 購入のときに支払い方法で超後払いを選ぶ
  3. SHOPLISTの商品が先に届く
  4. 利用日より3ヶ月後の1日から3日の間に請求案内が来る(メール・SMS)
  5. 請求が来た月の10日までに支払いをする

 

上記が、SHOPLISTの超後払いの支払いのやり方です。

 

Paidy超後払いの変更をしたい

Paidy超後払いの変更

SHOPLIST(ショップリスト)でPaidy超後払いが使えなかった場合、理由にあるのは審査落ちです。

審査が通らなかったとき、メールでご注文に関してというタイトルのものが届いたら、落ちたときの判定になります。

また、SHOPLIST内で注文停止中と記載されているときも、審査落ちのステータスと同様です。

 

ですが、どうしても欲しい商品だった場合、代金を別途調達して支払いの変更をすることができます。

なお、SHOPLISTのマイページで、代金引換に支払いを変更する画面は以下のとおり。

 

超後払いから代引きへ変更するときの画面

決済を代金引換に変更するを押すことで、発送を代引きにしてもらえます。

要は、普通の通販に切り替えるという使い方になるわけです。

 

なお、注意点としては、キャンペーンで購入した場合、代金引換

 

超後払いは手数料を除くと猶予が長く頼もしい決済方法だった【まとめ】

Paidy(ペイディー)超後払いのSHOPLIST利用ですが、利用手数料は330円(税込)かかります。

とはいえ、通常は発生するコンビニ手数料は無料、銀行振込・口座振替も無料でそのほかの料金は一切かかりません。

どのみち、手数料は300円台で済んだり、超後払い以外なら手数料無料にできたり、SHOPLISTとPaidyの相性は良いです。

 

ですが、最後に本ブログ運営(節約・副業・ポイ活)の私からひと言伝えるとしたら、超後払いの期日までに、かかる手数料分をお小遣い稼ぎすることをおすすめ。

もっともおすすめは、毎月少しずつだけど継続して稼げるアンケートサイト、次に毎月の継続性は負けるものの稼げるポイントサイト活用です。

時間があるなら、安全で人気の高いところのみをまとめたサイトの解説を、以下よりぜひ閲覧ください。

 

【2021年版】アンケートモニターサイトのおすすめをランキング形式で解説します!【スマホ・アプリ】

ポイントサイトのおすすめ比較ランキング!お小遣いを稼げる【2020年版】

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA