i-sayはポイント交換可能サイトであることを実例で解説

アンケートお小遣いサイトのi-say(アイセイ)。まだ国内ユーザーの間で、その知名度は浸透しきってはいないサイトともいえます。そのことから、思い浮かべてしまうコト、それは…

i-sayってポイント交換はちゃんと出来るの?

という思いがあなたにあったとすれば、その考えこそ正しく、はじめは疑念を少し持つぐらいでイイんです。もちろん、ポイント交換は可能♪

そこで、管理人が貯めたポイントを実際に交換するまでの手順を、ステップ形式で解説していきたいと思います。

もしまだサイト自体を知らないという方は、i-Say(アイセイ)の安全性とアンケートの解説まとめ

記事も書いています。一緒に見ていただくとより深い理解が得られることでしょう♪

i-Say(アイセイ)の安全性とアンケートの解説まとめ

2018.02.03

PCとスマホからの手順

それでは、i-sayにログインをしてみますね♪パソコンからアクセスした画面をご覧ください。

星印が、アイセイで獲得した現在のポイント額です。サイトデザインの視認性に優れているため、扱い易さはなかなか。詰まる事もなく進めていけることでしょう。

スマホ版からのアクセス

スマホ版は画面が凝縮されているので、メニューボタンを押してポイント交換画面を出すわけですが、簡単ですね♪

ポイント交換を押して進む画面はこちら。以降は解説のしやすさから、PC版画像を元に進めて行きます。

商品とi-sayでの交換処理

交換商品は電子マネーと少な目なのは残念ですが、人気どころは押さえています。

  • amazonギフト券
  • iTunesギフト
  • 日本赤十字社への寄付

画像イメージでも見ていただきましょう♪

交換ラインまでポイントを貯めたなら、amazonギフト券を最小単位300円分から交換できます

私はキリ良く500ポイント以上を交換したかったので、暇を見つけては貯めて、画像でお見せしている額まで貯めました。

電子マネーへの交換処理

それでは、amazonギフト券へ交換してみますね。

私のように小刻みに500ポイントから交換する方が多いとは思います。それでも4桁を超えていたならば、数量のプラスボタンを押して量を増やしましょう

i-sayの補足書きについて

有効期限があると記載されていますが、2017年4月から期限は10年となりました。

i-sayでポイントの期限切れになる事はまずありませんね♪

そして、交換するを押すと以下の画面へと切り替わりが。

ここで、まだisayに登録していない方への注意点が。

生年月日は虚偽で登録しない

もし登録時に嘘八百で開始させてしまうと、辻褄が合わなくなりポイント交換ができなくなる可能性が出ちゃいます。

アンケートサイトでは、生年月日等の入力は必須。i-sayはご覧のように私も利用している健全なサイトであるため、そこは心配しないでくださいね♪

本人確認が済んだあとは、入力間違いがないかのセルフチェックがあります。

問題がないことを確認し、注文を確定させます

確定させたわけですが、配送状況の確認もあわせて行ってみますね♪

i-sayでの、電子マネー交換の反映目安。公式では2営業日以内とありますが、私の場合は上画像で見ていただいたとおりで当日の反映でした

平日だったため、土日祝であれば翌、といったところでしょうか。何より、反映が早いコトは嬉しい限りですね♪

メール受信後の有効化

i-say内で交換処理を終えると、最後にamazonギフト券を有効化する必要があります。至ってカンタン、クリック(タップ)をしながらコピペをするだけ。

私のメール受信画面をご覧ください。

Yahooメールからでしたが、上で見ていただいたような形式で配信があります。それを、事前にコピーしておきましょう

i-sayからamazon公式へ

上画像の申込先リンクにAmazon公式のURLがありましたね。それをクリック(タップ)して、i-sayからamazonへ移動します。

トップページのアカウントリストを押します。

  1. アカウントサービス
  2. Amazonギフト券を登録する
  3. Amazonギフト券

といった具合で、迷うことはまずありません。非常にサクサクと進みますよ♪

ここで、i-sayから発行されたナンバーをコピペエントリーするわけです。金額を確認を押すと、今回でいうところの500円分のポイントをチェックすることが♪

そして、アカウントに登録するでフィニッシュです。

ここまでのおさらい

では、最後に管理人より軽くおさらいの方をしたいと思います♪

  • i-sayの交換先はamazonとiTunes
  • 最少はamazonの300ポイントより
  • その他としては寄付が有り
  • 反映は2営業日以内
  • i-sayからメールでナンバーの送信あり
  • コピペしてamazon内で入力し完了

以上が、i-sayのポイント交換を実例と共に解説する記事でした。カットすることなく詳細に進めてきましたが、いざご自身がやってみると、面白いぐらいサクサク進みますからね

この記事でお伝えしたかったことは、ポイント交換ができるか疑心暗鬼になっている、そんなあなたの背中を押してあげるコト。

実際に交換は全然デキるサイトというわけですが、やる、やらないは抜きにして、あなたの参考に少しでもなっていればと光栄ですね♪

↓i-sayの公式サイト↓

i-Say(アイセイ)の安全性とアンケートの解説まとめ

2018.02.03
大手の人気サイトも経験済みの方へ

もう、一通りやってみたし、まだまだ他所でお小遣い欲しいなあ。そうお考えのあなたに、サブ利用として推奨するサイトです。

キューモニターの口コミ評判から安全性についての解説まとめ

2018.02.16

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です