イラストで稼ぐ

スキマ(skima)のイラスト・キャラ絵の販売は稼げる?評判・口コミやメリットとデメリット

SKIMA(スキマ)は、イラストレーター・絵師と素敵な絵を購入したい2者の『場』を提供する、スキル販売所です。

企業・会社に属することなく、イラストを描ける環境があるならいつでも報酬を稼ぐことが可能。

もちろん、最低限の絵描きスキルは必要ですが、値段も設定ができるため絵師の初級者からベテランまで幅広く活躍していますよ。

ただ、SKIMA(スキマ)についてまだ調べていなかった場合、どんな特徴があるのか気になるものですよね。

そこで本記事では

  • SKIMAの特徴
  • SKIMAで稼げる種類(ジャンル)
  • イラスト以外のジャンルで稼げるジャンル
  • メリットとデメリット
  • 口コミ体験談・評判

上記について、知識をつけてもらったうえで安心して始められるよう、徹底解説していきますのでぜひ、最後までごらんになってくださいね◎。

スキマ(SKIMA)とは?特徴

SKIMA(スキマ)は、イラスト販売・購入に重点を置いているのはご存知のとおりですが、SKIMAには独自のサービス・機能を導入しています。

したがって、SKIMAならではの特徴を、使う前に必ず覚えておきましょう。

  • ポイント制の導入
  • 販売にかかる手数料
  • 売上の振込み
  • 報酬の申告基準

まずは上記の大切な点について解説していきますよ。

SKIMA取引の流れはどうなっているの?

SKIMA(スキマ)における取引の流れは、初心者でもすぐに覚えて実践できます。

しかし、販売には3つの取引で分類されているので、事前にイメージと流れはつかんでおいてください。

実際にやっていくと、飲み込みが悪い人でも問題なくわかるレベルなので安心ですよ◎。

SKIMA【販売】取引の流れ

  • 売るカテゴリーを選ぶ
  • 販売する商品の説明(詳細内容)を入力する
  • 料金の設定をおこなう
  • 画像を登録する
  • 内容を確認して問題なければ出品完了

画像を登録するについてですが、実際に売るのではなく自分紹介のための、サンプル画像を載せるのですよ。

手順がかんたんなことがおわかりいただけたでしょうか。

ポイント

SKIMA(スキマ)にはポイント制度が導入されています。

ポイントは貯めて使うと、イラストやそのほか出品されている商品を、ポイントにて安く購入できます。

ポイントは、1回クリエイターの作品にいいねをすると1ポイントほど稼げます。

そこで、稼ぐクリエイター側のあなたに関係がないかと思いましたか?実は関連があります。

キャンペーン中だと1いいねに対して2ポイントが加算されることも。

売っている人は「今はキャンペーン中でポイントも稼げるのでお得に購入できますよ◎」。

なお、「私も、僕も出品していますのでぜひ見てみてください→自分のプロフィールへ誘導」。

どうでしょうか?誘導ができ売上拡大の機会が作れるのは、一目瞭然ですね。

オプション・追加取引

SKIMA(スキマ)では、出品者に気持ちよく稼いでもらうため、利用者に便利なサービスを提供するため、オプション機能を用意しています。

稼ぐがわのあなたは、SKIMAの追加取引機能を活用するべきで、理由もあります。

イラストの例

差分(固定の絵で表情を変化させる)イラストは、追加で何円といった形で別途報酬を稼ぐことができます。

追加販売は、1,000円から設定可能で、500円刻みで細かく決められますよ◎。

選択肢を用意してあげるというのが主旨であり、かつ、あらかじめ販売文章に載せておくと、購入してくれるお客さんも迷わずに済みますよ◎。

出品時の注意点:支払いまでに提出するのはサンプル画像

商品(イラスト)を出品するときは、閲覧者全員(購入予定の予備軍の方々)に、サンプル画像を載せて出品します。

取引において、支払いが確認されましたという連絡が入るまで、間違っても完成した絵を渡してはいけません。

なぜなら、悪質な利用者だと、持ち逃げされてしまうからです。

支払い後に、ラフ・色塗りの絵を渡し、やり取りを続けながら本イラストの納品をしましょう。

なお、出品時・販売成立の初期段階だと『SAMPLE』や『斜線』を入れておくと良いですよ◎。

skima(スキマ)の手数料

SKIMA(スキマ)で気になる手数料ですが、設定はやさしめです。

色んなサイトで、ことあるごとに手数料発生というのはつきものですが、skimaだと販売が成立したときしかかかりません。

しかし売れたときはSKIMAに限ることじゃありませんが、以下の手数料が発生します。

SKIMAで売上にかかる手数料 ・種別手数料
1,000~20,000円までの取引・売上手数料22%(税込)
20,001~50,000円までの 取引・売上手数料16%(税込)
50,001円以上の 取引・売上手数料11%(税込)
売上金額によって手数料が変わるのが特徴

強いていうなら、22%はいかなることがあっても超えないのが、評価できるところ。

また、専属客・リピーターを持てば、まとまった単位で頼んでもらうと、手数料を節約できることもわかりましたね?

振込はどうなる?申込みなど

あなたが作品(イラスト・その他)を売って売上を稼いだとき、報酬がいつになるか気になりますよね。

SKIMA(スキマ)では、売上の振込報酬で区分と時期がさだめられているので把握をしておきましょう。

SKIMAの振込

種別特徴
売上の振込最低金額:1,000円から
売上の振込時期目安締め日から約5日後(6月30日なら7月5日)
振込の手数料1回262円(税込)
組戻(くみもどし)手数料600円(税込)

SKIMA(スキマ)の最低出品金額は1,000円なので、1回で到達はしますが振込手数料はかかるので、忘れないようにしておきましょう。

あと、銀行口座情報の入力を間違っていると、発生するのが組戻手数料なので、しなくてもいい凡ミスは必ず防ぎましょうね!

源泉徴収や受け取った報酬

SKIMA(スキマ)はバイト・パートとは違うため、源泉徴収票の発行はしていません。

したがって、収入の管理は自分自身でおこなう必要があります。

SKIMAで稼いだ時の確定申告

  • 副業としてSKIMAをするなら年間20万円以上稼いだ
  • 無職、主婦(主夫)が年間38万円以上(令和3年は特例で48万円以上)稼いだ

上記に当てはまるかどうかで、該当しないなら源泉徴収票の心配はする必要がありません。

超えた場合はSKIMAをはじめ、収入はしっかり確定申告しましょう。

スキマで稼ぐことが可能な出品種類

稼ぐことができる出品種類

イラスト、デザインはもっとも稼げる

スキマ(SKIMA)の主力として稼げるのがイラスト・デザインです。

特化しているのがイラスト・デザインであり、skimaは他のサイトよりもスキル販売所としてイラストをメインとして、クリエイターに稼ぐ場を提供しています。

最低出品金額は1,000円からで、他サイト比較だと料金設定は高め。すなわち、クリエイターに稼いでもらおうという公式のあらわれでもあり、1回売れるだけで他サイトよりも儲けることが可能です。

また、公式の助力・ガイドの充実度、イラストレーター初心者に親切なので稼ぎやすいですよ!

アイコン作成は稼ぎやすい

スキマ(SKIMA)のアイコン作成は、取っ掛かりにもっともおすすめできるジャンルです。

大きな一枚絵よりもサイズが小さく、お顔だけ、あるいは二頭身・三頭身だけで作成が可能なので、時間短縮で稼げるというもの。

時間も全体絵のハイクオリティのものと比較して、短い時間で作れてたくさん作成ができるため、販売成約の確率を上げられるという論理的な考えからです。

需要(ニーズ)は、やはり時代が変わっても流動性が少ないSNS、YouTubeなどでの愛用されるところでしょうか。

キャラ販売で稼ぐ

キャラ販売とは、あなたがオリジナルで作成したキャラクターのイラスト画像を指します。

出品している作品を、購入者目線で見ると「あの出品者さんのキャライラスト良いからYouTubeやブログのキャラや、ツイッターのヘッダー画像で使いたいな」という需要から生まれるもの。

創作であなたがSKIMA(スキマ)を始める前から、温めて作っておくと花が咲くとっておきのクリエイト作品。

すでにあるキャラクターに見惚れて買うという、ファン心理をたくみに操り、売上増大のために作り出品をしておきましょう。

スキマ(skima)のイラスト以外で稼ぐ

SKIMA(スキマ)はイラストに特化したサイトという認識しか、多くの人には認知されていません。

しかし、イラスト以外のジャンルも豊富なんですね。

意外な盲点として、イラストじゃないカテゴリーに出品して稼いでいるやり手がいることも認識し、以下のジャンルを把握しておきましょう。

大カテゴリカテゴリ詳細
文章小説 シナリオ 記事作成 文書作成・編集
ライフスタイル コピー・フレーズ
語学・翻訳 校正・添削
その他占い 悩み相談
 音楽・BGM・ナレーション
 IT・プログラミング SEO/Webマーケティング・ビジネス
 グッズ 習い事
skima(スキマ)・イラスト以外で稼げるジャンル

スキマ(SKIMA)のリクエスト機能も駆使する

スキマ(SKIMA)にはリクエスト機能という、購入者が『こんなイラストが欲しい』という要望を出すサービスがあります。

主旨は、サービス・出品以外で、スキマにある(ホーム画面の右上)リクエスト機能を駆使することで、多角的に見て売上・稼ぎを倍加させるもの。

内容を以下に解説するので特徴を把握しておきましょう。

スキマ・コンペ

スキマ(SKIMA)にはコンペサービスがあります。購入者(お客)が『あのキャラクラーを描いてほしい。自分がブログやYouTubeで使うキャラを公募しよう』という需要から生まれるもの。

コンペは、あなた側のクリエイターがこぞって購入希望者にイラスト等を提案し、採用されると報酬を稼げるものを指します。

採用された場合:たとえば公募価格が5,000円だとそのままの金額があなたに入ります。

ただ、採用されなければ通常は収入は原則0です。

とはいえ、提案報酬というものがあるのは見落とせません。

提案報酬の例:10,000円でSNS用のキャラクターがコンペで募集されていた。提案報酬5名の枠だと、当選者(採用者)以外も、5人分(2,000円)均等に報酬がもらえるというところ。

いっぽう、良い提案者がいなかった場合はキャンセル扱いになるのですが、その場合は提案したクリエイター(あなたのこと)に料金が分配される点も着目する点です。

つまり、数打てば当たる方式で、おこぼれをもらえるということから、1に出品、2にコンペで応募という二段構えのスタイルをとっていれば、稼げる確率が上がるというのを熟知しておく必要があるのです。

スキマ・プロジェクト

お客(購入者)が、SKIMA(スキマ)のリクエストページに依頼を出すのがプロジェクトです。

コンペと違って、契約締結の次に、期日までの定められた納期に購入依頼者の要望に応えて、作品を納品する形式の販売です。

スキル販売所・クラウドソーシングで見られるプロジェクトというジョブ単位は、SKIMAでも同様のもの。

目的は、一般の出品で稼ぎが足りないから、リクエスト・プロジェクトに参入し、出品以外でも出品者側に立って、望むものを作成納品。

そして、多角的に売上が上がり儲けるというのが、狙っていきたいポイントになっています。

リピーターがいない、少ない、売上拡大の戦略で必要だと考えられるときは、積極的に提案をして契約を締結し、SKIMA副業としての収入を安定化させていきましょう。

SKIMA(スキマ)メリット

①SKIMAは好印象・満足度が高ければチップがもらえて稼げる

SKIMA(スキマ)では、商品を買ってくれたお客さんから条件付きでチップをもらえるメリットがあります。

条件というのは、いかにしてお客さんに良い印象を与えたかどうかです。

もちろん、イラストだと、ただ単にクオリティの高い作品を納品するだけではいけません。

高品質・真摯な態度(文字での言葉使い)・応答の速さ、さらにアフターフォロー、4点が1体になったとき感謝のチップがもらえるわけです。

言い換えてみると、YouTuberでスーパーチャット(投げ銭)が例えやすいですが、あなたのファンといえる状態までもっていくともらえるようになりますよ。

むろん、難易度は高いですが、モチベーションアップの意味でも、報酬を上げる目的でもSKIMAで評価できるポイントだといえるでしょう!

②ランクが初期に戻らないからブランク期間に入ってもモチベーションが下がらない

SKIMA(スキマ)はクリエイターランク制度を導入していて、販売実績が積み重なるとランクアップします。

ランクの種別は以下で確認してください。

レギュラーランク1回出品した状態
ブロンズランク累計販売件数で1件売る
シルバーランク累計販売件数で3件売る
ゴールドランク直近3ヶ月で販売額が5万円以上を達成
プラチナランク 直近3ヶ月で販売額が15万円以上を達成

ランクアップの別途報酬はありません。

ですが、本質はランク上位に位置していると、購入を希望するお客さんからの信頼が高まることにSKIMAランクのメリットが効力を発揮するのです。

あなたが地道にコツコツ頑張れるなら、十分に魅力的な制度だといえますよ!

③知名度があるから継続して活動すると、独立への道も広がる

SKIMA(スキマ)はイラストを主力とした販売サイトですが、スキマのみならずSNSでも宣伝をしておくとメリットが働きかけます。

先述したとおり、ランクも上がり販売数も増え、SNSでもフォロワーが増加すると副業から独立イラストレーターの道が開けるのです。

また、SNSのほかブログでの発信もできるため、独立まで行くとイラストだけで生活が可能になるでしょう。

そのほか、独立という個人事業主までたどり着けたら、手数料からも完全に開放されますよ◎。

④イラスト系に特化しているからイラストレーターは長期で稼げる

SKIMA(スキマ)は、スキルを販売する場所として知られていますが、8割強のコンテンツがイラスト特化です。

イラスト特化というのはつまり、使う人・売る人が継続的に滞在することから、サービス力の維持・上げることにも熱心な取り組みがあるわけです。

チップやランク、コンペ・プロジェクト、安心の前払い制度やオプション機能の数々。

また、機能も追加・アップデートもひんぱんなので、かゆいところに手が届く機能が、クリエイターに納得してもらえるサービスを実現しているのです!

SKIMA(スキマ)のデメリット

①手数料が高いという声がある

SKIMA(スキマ)は、販売が成立すると手数料がかかるのははじめに説明したとおり。

ただ、使っているユーザーの中では手数料が高いという声もあり、かかるのを避けることはできません。

10,000円の販売なら22%がかかるわけですが、自営業・フリーランスとして自らブログで発信・販売しているなら損だ、デメリットだと感じることもあるでしょう。

一躍脚光を浴びるほど人気が出れば、自身でブログ・サイトを作り販売する方へシフトチェンジするのも手ですね。

しかし、販売の場を提供してくれているので、仲介手数料の1つだと割り切るのも、SKIMAを使うにおいて納得しておきたいところ。

②手を込んで作り込まないと売れない

SKIMA(スキマ)は、他サイト比較で最低出品料金が1,000円です。

したがって、購入者目線だと中には「安いサイトで買いたいから、ココナラ(500円でも出せる)で探すことにしよう」と、クオリティ度外視でお客が他サイトに行くこともあります。

つまり、クオリティの高い作品・商品がたくさんあるため、販売成功率でいうとやや他サイトに負けるのではと、デメリットに感じる人もいるのです。

とはいえ、イラストが専門なので、腰を据えて長く取り組むなら売れるようになり、デメリットの解消もできることでしょう。

SKIMA(スキマ)で利用者の口コミ・評判

SKIMA(スキマ)の特徴がわかってきたら、把握しておきたいのが利用者の口コミ・評判。

結論、悪い評判が少なく、好評が多く見られました。

使う前の参考として見ておき、判断材料にしましょう。

良い評判

私もイラストで収入を得たことはありますが、売れる方の絵は見ているだけでもわかります。SKIMAサイトで、先輩方の人気イラストコーナーを見て、どんな作品が売れているか、絵だけじゃなくて文章までしっかりと見ておくのですよ◎。

SKIMAってところだ…上手く仕事が取ってこれるとちょっと稼げるぞ…!

ツイッター

初めてSKIMAというイラスト発注アプリに登録して出品してみたんだけど、早速依頼がきて嬉しい!色々なところから安定して収入があると安心するんだけどな〜

ツイッター

SKIMAで立ち絵売れたわ……
キャラ販売……中々いい市場やんけ!

ツイッター

SKIMAでキャラ販売やってみたら2分で売れた

ツイッター

SKIMAのキャラ販売、放置してたら売れた!追加でキャラ描いて並べとこう

ツイッター

聞いて〜SKIMAで販売してた創作イラストが今日初めて売れた…両手を上げる嬉しい〜号泣

ツイッター

中立・普通評価の評判

もうすぐ収入無くなるしココナラとかskima登録しようかな

ツイッター

skimaも上手く使えばちゃんと稼げるけど1本だと厳しいしねえ。

ツイッター

SKIMAというサイトがありまして…(ココナラより売れた時に引かれる手数料安い)

ツイッター

私も今月収入ヤバいな SKIMAしようかな

ツイッター

悪い評判

私も前SKIMA登録してみようかなぁって思ったけど1000円とかじゃ依頼こないかなぁって思って登録しなかった(1000円からだった)

ツイッター

SKIMA登録したけど全然依頼こんのう(アイコンもなにも設定してない、してもこない)

ツイッター

おわかりいただけたでしょうか、総評としては悪評が少なくて稼いでいる、良い口コミが多めだといういうことがわかりました。

ライバルに先を越されないように、SKIMAで稼いでいってくださいね!

SKIMA(スキマ)とココナラ比較【イラストなら】

SKIMA(スキマ)は類似しているサイトと、どんな差があるか見ておきたいものですよね。

同業にあたる、あなたが考えるSKIMAの他社サイトを、ココナラ・スキルクラウドと比較しました。

SKIMAとの比較表

SKIMAココナラスキルクラウド
イラスト取り扱い
販売手数料11~22%22%20%
オプション追加販売ありありあり
追加販売の売上設定1,000円~100円 ~1,000円 ~
SKIMA比較

販売手数料で言うと、金額によりますがSKIMAがバランスに優れます。

一方、イラストではSKIMAは特化していることから、大手ココナラも圧倒しました。

何よりも、総合面で見た評価から見ると、SKIMA一択です。

むろん、比較はイラストで稼ぐ場合なので、イラスト以外ならココナラですから覚えておいてくださいね!

また、イラストで多角的に売っていくなら、認知度向上で販売確率が上がるためどれもやっておくことをおすすめしますよ◎。

SKIMA(スキマ)はイラストレーターにとって必見の場だった

最後に、SKIMA(スキマ)イラストのまとめに入ります。

  • 取引はカテゴリ出品から楽に進められる
  • ポイントは購入者向けだが販売促進でアピールすると良い
  • 出品手数料は無料で売上手数料は11%から22%
  • 売上の振込は月2回(15日までだと5日後、月末なら5日後)
  • 立ち絵などの1枚絵、複数絵、キャライラスト販売が可能
  • リクエスト機能は自分からコンペやプロジェクト方式に応募
  • リクエスト者がキャンセルするとおこぼれがもらえる
  • リクエストで提案報酬設定があると、本採用じゃなくても報酬が入る
  • イラスト以外で稼げるジャンルもある
  • SKIMAはチップで稼ぐこともできる(脱初心者後に狙っていこう)
  • ランク制度は、継続モチベーションを維持・向上させるシステム
  • 評判があり、悪い口コミを探すほうが難しい(完全に狙い目)
  • ココナラ、スキルクラウドなど比較するとイラストだとSKIMAに軍配が上がる

以上が、SKIMA(スキマ)のイラストで稼ぐための解説でしたが、イメージはつかむことができましたか?

メリットが明らかに明確で、稼いでいる人も多い印象が手にとるようにわかりましたね◎。

売りやすいアイコンや立ち絵、趣味でキャラを描いていたならそれすらも売れるキャラ販売を活用する。

次にSNSでもアピールをして売れている人をサイト上で参考にする、掛け合わせのハイブリッド戦略は、地道に続けると副業収入は増大すると言っても過言ではないでしょう◎。

本ブログでもっともおすすめしているのは、ポイ活サイトのポイントインカム!本ブログ無料登録で特典が2,000ポイント(200円分)入るため、大好評◎。さらに、初回ポイント交換で、別途100円分のポイントが付く特典ですよ◎。ぜひチェックしてお小遣いを稼ぎましょう!


ポイントサイトのポイントインカム


-イラストで稼ぐ