サイバーパネルの口コミ評判から安全性についての解説まとめ

サイバーパネルのまとめ記事のアイキャッチ

サイバーパネル(CYBER PANEL)は、株式会社日本リサーチセンターが運営を行うアンケートサイト。

無料で開始可能で、アンケートの回答をおこない、お小遣いを稼いでいくことができます。ただ、知らない方にとっては、

サイバーパネルって安心して利用できる?

など、サイトは安全か、評判はどうなっているかなど、気になるところもあるでしょう。

K

本記事では、そんなサイバーパネルの口コミ評判から安全性について、解説していきたいと思います。

運営会社株式会社日本リサーチセンター
資本金1億円
SSLあり
プライバシーマークあり
ポイントレート1ポイント=1円
最低換金額電子マネーPeXに10ptから交換可能
換金手数料完全無料
ポイント換金先電子マネーPeX・図書券
ポイントの有効期限1年に1度の登録情報の更新がなかった場合失効
友達紹介制度なし
年齢制限15歳以上
家族登録可能(1人1人、別のメアド・PCまたはスマホで登録を)
国外利用日本国内在住のみ

サイバーパネルの運営は日本リサーチセンター

まずは、サイバーパネルの運営元、日本リサーチセンターの情報からピックアップ。安全といえますが、その理由付けをこれからおこなっていきます。

  • 会社のホームページの存在確認
  • 会社概要は記載されているか

日本リサーチセンターの評判・怪しい会社ではない

日本リサーチセンターの会社設立は1960年。アンケート業界の中では、老舗の企業と呼ぶことができます。

50年以上にわたり、リサーチ業に取り組んでいることになりますね。

サイバーパネルが怪しいかどうかをチェックするとき、サイト内から運営会社にすぐアクセスできるかも重要。

K

サイバーパネルでは、サイトページの下部からすぐにたどり着けるようになっています。

サイバーパネルの会社情報

上画像は、会社概要の一部でしたが、土台がとても安定していますね!

資本金も1億円という、億超えを果たしています

会社設立日や資本額を見ることにより、「ポイントを獲得したけど運営会社が業績悪化で倒産!ポイントが換金できなかった!」

という危険性もセルフチェックできるわけです。

アンケートモニターはいろいろやってるから、すぐに大丈夫な会社だとわかったよ。

と、日本リサーチセンターへの悪い評判はありません。

サイバーパネルの運営元、日本リサーチセンターは情報をオープンにしている。そして、老舗であり資金力もある。

K

つまり、評判を疑う必要はないと、お伝えします。

サイバーパネルのセキュリティーは危険性なし

国内の老舗としてアンケート業界をけん引してきたと言わんばかりの日本リサーチセンター。

サイバーパネルにかけているセキュリティも、万全です。会員ページの全てに、SSL暗号化技術の導入を行っており、プライバシーマークの取得も果たしています。

サイバーパネルのサイトセキュリティ

ダメ押しと言わんばかりに下記の団体にも加盟。詳細を見て行くとあまりにも時間がかかるため、ザックリと流し見程度で♪

安全性もさらにUP
  • 日本リサーチマーケティング協会(JRMA)
  • 日本マーケティング協会(JMA)
  • ESOMAR(ヨーロッパの調査協会)

個人情報の流出は評判も最低レベルにまで下げてしまうので、絶対に避けたいのが心情。

K

サイバーパネルのサイト防衛レベルは高いです。人一倍の危険性を感じるかたにとって、良い安心材料となりますね♪

メール配信の差出名は日本リサーチセンター

アンケートをおこなうシーンとは、おおよそ以下のパターンです。

  • サイトにログインしたとき
  • メールで配信を受けたとき

誤解がないように一点ほどお伝えします。メール配信を受けたとき、差出人はサイバーパネルじゃなく、『日本リサーチセンター』となっています。

K

そのため、ネットの口コミ評判で、日本リサーチセンターってなんだ?という声がありますが、サイバーパネルのことなので、安心してくださいね。

サイバーパネルのアンケートと口コミ評判

サイバーパネルのアンケートは以下の種別で構成されています。

  • 一般WEBアンケート

だいたいですが、獲得ポイント10ptから30ptを行き来するタイプのものが
多い印象があります。

サイバーパネルのまとめ~WEBアンケート

サイバーパネルから配信されるwebアンケート。

パソコンから回答することを前提としたようなページデザイン。したがって、スマホサイズではないために、操作に手間がかかります。

口コミ

スマホからだと見づらい!ズームアップしたりするのが面倒だ。俺はパソコンじゃないと無理だ!

ポイント数、高くていいね!ただ、配信数が少なくない?

パソコンユーザーからは、評価が高いです。しかし、スマホしか持っていない方からすると、デメリットがやはりありますね。

K

ただ、時間に対するポイントの高さには目を見張るものが。PCなければムリ!と一概には言えないかな。

サイバーパネルの商品モニター

サンプルモニターとも呼ばれ、実際に商品を送ってもらい、使用した感想をアンケートで答えるものが主流。

タダで使えてptも入るとなると一石二鳥ですが、そんなラッキー案件はなかなかなく、サイバーパネルで私はまだその依頼を受けたことはありません。

追記:2017年後期にサイバーパネルから商品モニターの依頼があり、5,000pt以上の報酬を獲得しました。

サイバーパネルの商品モニターの受信メール状況

商品モニターの中身は、怪しいものではありません。守秘義務から何が当たったかの詳細はお伝えできずすみません。

ただ、ヒントとしては、コンビニにも売ってあるものでしたね。長くモニターをやっていると、当たることもありうるでしょう。

運要素も当然ありますが、モニターサイトを単純に多く登録すれば率は上がります。

K

私は、当ブログでの解説のため、何十ものサイトを登録しています。したがって、当たる率が必然的に高くなるだけです。

もちろん、私のように何十ものモニターサイトをやる必要はありません(苦笑)。

サイバーパネルの座談会

グループインタビューとも呼ばれています。

指定された会場へ行き、モニター会員同士で商品についての意見交換を行いながら質問にも回答していく。WEBではないリアル調査。

サイバーパネルアンケート1-2

アンケートタイプでは一番単価が高く、2時間程度で1万円前後という報酬があるのが特徴。ただ、都心部での開催だったり、抽選式のために、必ず参加できるわけではない、といった面もあります。

ネットの口コミでは

全然依頼がこなーい!そんなもんなの?

サイバーパネルでは一般WEBアンケートが9割強だと思っていて下さい。ただ、1ptのみアンケートといった利用者の心を折るようなアンケートが原則なく、回答時は高水準のポイントを獲得できます

サイバーパネルのメリットはアンケートポイントの高さ

下記の画像は、私のアンケート配信画面の一部からです。

サイバーパネルのまとめ~アンケート配信画面

「1pt」と記載されているのはプロフィールの更新的なもので、一般のアンケートはご覧のように良いポイント数です

ただ、う~ん、と頭を抱えてしまうことが。先ほどのWebアンケートにあった口コミ同様に、アンケート配信数が少ないんですよね。

インターネット上のアンケートモニター(私たちの事です)に対するリサーチ意欲はあまりないのでしょうか。アンケートメールの配信がまれにしかきません。

換金ってちゃんとできるの?

K

そう懸念する人が出てしまいますね。しかし、実際に換金は出来ますのでご安心ください。

それにしても、もっとネットモニターの私たちに、アンケートの配信をしてくれないでしょうかねえ。

K

ちなみに、電子マネーへの換金は10ptから出来ますが、10ptは原則10円です。10円を換金する人はさすがにほぼいないでしょうけど苦笑。

と、デメリットを書かせていただきましたが、サブ利用としては良しと私は判断しています。

サイバーパネルはポイントの換金はしっかりできる【実証済み】

まず、手数料関係は一切かかりません。とはいえ、銀行口座に換金することができないという難点も。

電子マネーPeXにptを移し、そこから現金化をする、そのような流れとなります。
換金先は以下のとおりです。

電子マネーPeX
  • 10pt(10円分)から
    ↓交換後
  • 100PeXポイント
    (PeXは10ptが1円分)

つまり、10ptの交換で10円になるわけです♪

図書券
1,000ptから

私は電子マネーPeXから現金への換金を行った経験があるのでいいのですが、インターネットの操作、アンケートサイトが初めてでPeXのことなど全く知らないかたには易しくありませんね。

K

PeXなどのポイント換金サイトへの登録、実際には簡単なのですが、直で銀行への換金がいいんだよっ!という方にはサイバーパネルの交換先、少なすぎます。

なお、管理人の交換実績はありますので深く知っておきたい方は、サイバーパネルのポイント交換を実例と共に解説した記事もあるので、併せて見られてくださいね♪

サイバーパネルのポイント交換記事のアイキャッチ画像

サイバーパネルのポイント交換を実例と共に解説

2019年7月8日

 

サイバーパネルのネットでの口コミ評判の総評

私が思っていたこと…ネットのユーザーの皆さんも同じようなお考えでした。そう、やはり声が多かったもの…

  • ポイント交換先が少ない

大手銀行や、手数料が安いことが嬉しいネット銀行、これらの提携を行ってほしいと私はそう思っています。

  • アンケート配信数が少ない

アンケートの少なさ、これに尽きます。ここは痛いとしか言いようがありません。

アンケート自体は、恋愛についてや、NGだと思う行動だとか、回答していて楽しいアンケートもあるのに。ポイントもなかなかのものなのに、アンケート数が…

もっとアンケート配信数を増やしてくれることを願うしかありませんね。

サイバーパネルのまとめ~デメリット
けいたん

↑アンケート増やしてくれなきゃ、ポイントがなかなか貯まらないぞ~!

  • スマホ画面の未対応(レスポンシブ未対応)

今はネット利用はPCよりも、スマホの方が多いとすら言われています。

その中、スマホ画面に最適化していない画面だと、都度、指の操作で画面を拡大したりしないといけません。

ここは、是非とも今後、スマホ画面の対応といった改良を行ってほしいものです。

 

サイバーパネルの友達紹介に関して

サイバーパネルのお友達紹介制度はありません。ネットでの一般モニターを集めようという考えは、現状はないのでしょうね。

ただ、どうしても紹介して紹介ptを獲得したい!という場合は、方法は1つ。ブログを開設し、ASPへの登録を行う必要があります。

ASPとはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略です。

必要なステップ
  1. 登録を行う記事を書く
  2. ブログの審査を受ける
  3. ブログで紹介する
といったステップが必要となり、初心者の方はハードルを越えて行く必要があります。

私は、アンケートサイトのようなお小遣いサイトが初心者状態のかたには、まずは王道人気サイトの紹介を推奨します(マクロミル、リサーチパネル、infoQなど)。

2019年アンケートサイトランキング記事のアイキャッチ画像

【2019年】アンケートモニターサイトのおすすめを徹底比較!【スマホ・アプリ】

2019年5月25日
マクロミルのまとめ記事のアイキャッチ画像

マクロミルの評判について口コミをまじえつつ評価。安全性と稼ぎ方についても動画付きで解説する

2019年4月7日

癖がなく覚えやすく、PCとスマホ両方で出来て、アンケート数も多い。結果、おすすめがしやすい。そういった理由からですね。

サイバーパネルは安定した老舗企業で安心して利用していくことができる

特徴
  • 運営会社の日本リサーチセンターは老舗企業
  • 1アンケートあたりのpt数は高い
  • セキュリティはパーフェクトレベル
  • 商品モニターは長くなっていると当たることもある
  • サブ利用として使うのは良い
デメリットは
  • アンケート配信数が少ない
  • スマホ対応画面でないため見づらい

以上がサイバーパネルに関しての解説でした。

アンケートサイトとしてメインで使う場合は、自分の望むポイント換金額まで到達することに時間がかかります。

PeXでは10pt(10円)から換金できますが、それは微々たるものです。

そのためマクロミルのような、毎日アンケートでガツガツ稼ぐ以外はしたくない!という方にはハッキリ言って不向きといえます。

K

王道アンケートサイトの日々の利用後に、空いた時間で配信されていたときにやる。その場合はストレスフリーでやることができるでしょう。

2番手、3番手的なサブ利用なら私もやっております。気になる方は安心度は絶大なので、登録してみると良いでしょう♪

私のおススメ度としては、「並」。中の上です。登録の価値がないことは決してありません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA