ドコモキャッシュゲットモールと口座の両方の登録について

当記事では、ドコモ口座キャッシュゲットモールの登録方法、次にドコモ口座の開設方法についての解説を行っていきます。

  • ドコモ口座キャッシュゲットモールとは

お小遣い(ポイント)サイトとしての機能をもつ

  • ドコモ口座とは

現金換金や携帯料金支払いなどの機能をもつ

上記2つは、そのように現在活躍しているわけです。口座の方は2番目にお話しするので、口座開設のイメージだけ見ておきたい方は後半までスキップをどうぞ♪

なお、まだ何もご存知でないという方は、ドコモ口座キャッシュゲットモールの口コミと各ジャンルのまとめもありますのであわせてご覧になっていってくださいね♪

ドコモ口座キャッシュゲットモールの口コミと各ジャンルのまとめ解説

2018.02.24

キャッシュGETMALL登録方法

まず、当ブログからであれば下バナーが公式ページとなっているので、それをクリック(タップ)のうえ、お進みください。ちなみに、100円の特典付きバナーなのでお得に開始できますよ♪


バナーを押した後は、漫画つきのナビページが現れますので、画像のように進めていきましょう♪

スマホからの画面です。キャッシュゲットモールで今すぐ現金を貯めるをクリック(タップ)して進みますね。なお、PCからでも登録はできますが、以下のようなパターンの画面になることもあります。

上記のような画面パターンの場合も新規利用登録を押して進みましょう。どちらも変わりませんよ♪

次は会員登録のための、情報入力を行うページへと入ります。

入力フォームに打つ内容が少ないため、すぐに終わることでしょう♪メールマガジンは任意です。規約に同意して確認へを押し進みますね。

あっという間に登録の完了です♪

登録特典の確認はこうする

おっとっと…!それと、当記事の序盤にあった公式のバナーですが、お得な特典についても書いていましたね♪

ホーム画面を出し、キャッシュゲット履歴から確認可能なのでとても簡単ですね♪なお、私の場合、3日後には獲得が確定しました♪

 

ドコモ口座の開設

ドコモ口座キャッシュゲットモールで貯めた現金を、実際に銀行振込でお小遣い化する…!これが主たる役割の、ドコモ口座。

役割は区別されている
  • ゲットモールはポイントサイト
  • ドコモ口座は現金化の場

この区別をしっかりとしておきたいところです。それでは、登録画面はどのようなイメージかを以下で軽くご確認ください♪

動画でも説明があるのですぐイメージはつかめるかと思います♪上画像の画面は、PCからのキャプチャー画像ですが、PCからであればドコモゲットモールから簡単には入れます。

このようなページの辿り方になります。お次は、スマホ版でも見てみましょう。

スマホ版は、ゲットモールのログインする前の画面から登録に進むことに。ゲットモールにログインする際の画面から、最下部付近までスライドし、新規利用登録をタップして進むわけです。

次に出る画面として、これらのサービスに同意するシーンがあります。

携帯で簡単にお金を送ったり受け取ったり、これがメイン目的でしたね♪同意画面へを押すと、あなたの携帯電話に認証コードがショートメールで入ります。

上記のコードをコピーし、下でお見せする画像内フォームに貼り付けるわけです♪

私はパソコンのグーグルクロームで登録したため、Chromeとなっていますが、あなたの利用する機器・機種によって端末登録名は変わってきます。ですが、覚えやすいように任意で決めることができますからね

コードをコピペし、ログインを押すとネットワーク暗証番号の入力へ。

これはドコモ利用の私たちが平素、使っているものですね。入力を済ませ、次へを押しさらに進むと、最後に利用規約の同意画面へと移ります♪

職業を選択し、取引目的等をチェックしていきます。私は現金化にしか興味がないので当然日常生活の送金(銀行換金目的)を選びましたよ(笑)♪

登録関係は以上で全て完了となります

 

最後に管理人より

それでは最後におさらいをしてみます♪

以上が私からの解説でした。別々の登録で手間取るように見えるかもしれませんが、やってみるとサクサク終わらせることが出来ますよ♪

なお、dアカウントをまだ発行されてない方は、ドコモのdメニューサポート関係から済ませておいてくださいね♪それでは、作業が終わった際には…お小遣い稼ぎの方に専念しちゃってください♪

↓こちらから登録で100円ゲットの好発進!↓



(反映は約3日程度かかるとお考え下さい♪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

apricot_kです。 ネットで稼ぐこと、お役立ち情報を発信しています。 名前が長いため、呼び方はKでもなんでもお好きなように呼んでください(笑)。