日経リサーチのアンケートの口コミ・評判・安全性について解説

日経リサーチでは、アンケートモニターとしてポイントを稼いでいくことができます。

社名から、新聞・ネットメディアなどのイメージ。それらの印象を持つ方もいることでしょう。

ただ、アンケートモニターとして見ると、

日経リサーチって情報機関っぽいところが、アンケート会員も募集しているの?

という、漠然とした疑問も浮かび上がるかもしれません。

K

そこで、本記事では、そんな日経リサーチアンケートパネルに関する解説をしていきます。

  • 日経リサーチの会社情報
  • セキュリティは安全であるか
  • アンケートのジャンルと評判

これらにスポットをあてていきますね。

日経リサーチの会社情報から危険性がないかチェック

はじまりは、日本経済新聞社が株式会社マーケティング・オペレーションセンターを設立したことから。

そして、株式会社日経リサーチへと名称を変更します。

K

日本経済新聞社、いわゆる新聞を発行している名の知れ渡りすぎた会社ですね

ただ、それでも新聞を取っていない若い世代の方は、わからない方がいても不思議ではありません。

ザックリとですが、日経リサーチの会社情報が掲載されているホームページを見てみましょうか。

上画像は、株式会社日経リサーチの会社HPで、アンケートをおこなうページではありません。

私は、大手だからこその安全性はしっかりと保たれている。そう判断していますが、

疑り深くて、隅々まで見なければ気が済まない!

そう感じる方は、日経リサーチ会社ホームページを別途見てみましょう。

K

危険性がないことを証明する方針が、びっしりと書かれています。お茶を飲みながら、見てみるのも良いかと思いますね。

日経リサーチのサイトセキュリティは安全

日経リサーチアンケートパネルの登録を、いざしよう!というとき。日経リサーチは、個人情報洩らしたり、管理がムチャクチャで怪しかったりしないか。

K

そこも気になることでしょう。ですが、安心してください。大手企業であり、資金も潤いすぎていることでしょう。

次の画像をごらんください。

日経リサーチが導入済みの安全対策
  • 私たちの文字情報の暗号化
  • 個人情報の保護を徹底する機関への加盟

これらの取り組みから、日経リサーチの管理は健全で、悪質ではないことが、おおむね証明されています。

日経リサーチは安心して登録できるか

日経リサーチでアンケートに回答し、お小遣いを稼いで行くために必要な機器は以下のとおりです。

回答可能な機器
  • スマートフォン
  • iPhone
  • パソコン
  • 登録は18歳以上
  • 16歳から18歳未満の方は保護者の同意
K

登録に必要な費用はなく、完全無料です。安心して開始することが可能ですよ。

日経リサーチのアンケート稼ぎジャンルと各口コミ評判

日経リサーチが私たちに届けるアンケート。その種類は様々なジャンルがあります。

  • インターネット調査
  • ホームユーステスト調査
  • 郵送調査
  • 会場テスト
  • 座談会

日経リサーチの公式に記されていたのは、上記の5種類のアンケートです。

基本となるインターネット調査

日経リサーチのインターネット調査。それは、単にネットで配信されるWebアンケートのことを指します

K

そのアンケートが配信され、回答することで謝礼ポイントの加算となります。もっともポピュラーでありふれたアンケートですね。

ネットの口コミ

配信数が少ないと思います。もっとたくさん配信されるのかなって思ってたけど…

登録する際に、あなたはどの新聞を購読していますか?というクエスチョンがありました。私は読んでいないため、NOでチェック。その一つのNOゆえに、配信数が減らされていることも関係しているでしょう。

アンケートモニターサイトならではの、一般的なアンケート数がもう少し欲しいところです。

日経リサーチのホームユーステスト

ホームユーステスト?何それ?

横文字で言っているだけで、いわゆる自宅でできる、商品モニターを指します。

ネットリサーチでくまなく探してみましたが、情報がありません。日経リサーチの商品モニターをやって謝礼をいただいた、稼いだよ!という声は見られませんでした

あまり力を入れてないジャンルなのかもしれませんね。

郵送調査の評判からはあまり期待できない?

あなたの自宅に、郵送の葉書でアンケート調査の依頼がある。その調査のことを、郵送調査と呼びます。

口コミでは以下の声が見られました。

評判としては、昔よりも改悪されたのかな?と思いますが、これにはパターンがあるはず。日経リサーチの郵送調査の謝礼が全て、抽選式ということないでしょう。

もしそうであれば、抽選は外れたら時間の無駄遣いになります。スルーしておくのが吉ですね

重要

自宅住所を登録時に入力する欄がありますが、必須ではないので、郵送調査はなくていい。という方は無理に入力することはありません

私は、安全なサイトであれば、やるタイプです。稼げる額が、数円~数十円分の一般Webアンケートとは違い、額が大きいからですね。

日経リサーチの会場テストの評判

え?テストって何か怖いんだけど大丈夫なの?

会場テストは、個別インタビューとも呼ばれます。恐れる必要は全くありません

  • 東京都~~区
  • 〇月〇日〇時より開始

製品(商品)のテストを行うといった趣旨のものが大半。その調査で、どう思うかなどの回答をスタッフに示していくわけです

コミュ障の僕でも、大丈夫だったよ!

短時間で終わって、報酬も3千円と高かった!

という口コミ評判もありました。

案件の依頼がない…少なくない?

という微妙な声もありましたけどね。このジャンルは、多くのお小遣いサイトで、依頼の頻度が少ないのです。

座談会(グループインタビュー)

上でお話した、会場テスト(一人でできる)のとは違い、複数人での会場テストになります

ただ単に、1人で回答するのが、グループのインタビューになっただけですね。こちらも単価が高いことで有名です。

K

ただ、日経リサーチにおける、座談会の獲得報酬。その情報は口コミをリサーチしてみましたが、会場入りした方の声はありませんでした。

人前でもあがらない。または、度胸を付けたいとお考えの方。加えて、お小遣いも欲しいという方は、座談会の存在はインプットしておきましょう。

1~2時間で1万円前後という報酬が、この業界での平均単価です。

電話インタビューにあがっていた厳しめの評価

公式にある、アンケートの種類には記載されていない項目。その中の一つの、電話インタビュー。

報酬は、日経リサーチに関わらず、相場は1時間あたり1,300円~3,000円超え。

ただ、日経リサーチの電話調査は、いきなり着信がある。そのようなネットの書き込みも見られました

ネットの口コミ

いきなり電話かかってくるし、ビックリしたよ!

日経リサーチさんへ
K

アポなしでしたら、お仕事してる最中の方もいるはず。事前にメール配信でお知らせして、日程を決めて。という段階でしてみてはいかがでしょうか。

アポなしTELで、評判を落としたらもったいないと思うんですよね。

電話調査が無理だという方は

登録する際に、任意の電話番号を入力する項目があります。そこは必須ではなく任意なので、電話番号のところだけ、空欄で登録しましょう

日経リサーチのポイント交換

日経リサーチで貯めた謝礼(ポイント)は、直接電子マネーや現金に交換することはできません。

一度、ドットマネーに所有するポイントを移してあげる必要があります。

ドットマネーにポイントを移動するにいたっての、移行手数料などは発生しません。

手数料は完全無料。そして、ドットマネーからいざ電子マネーや銀行機関へ換金する。それも手数料は一切かかることはありません。

NAME 最低交換額
電子マネー各種 300マネー(300円相当から)
銀行機関への換金 1,000マネー(1,000円相当から)

人気のamazonギフト券やiTunesコード。その他にも多くの電子マネー・ポイント交換先があります。

ドットマネーについてご存知でない方は、解説記事も準備しているので、時間があるときにでもどうぞ。

ドットマネーがあるなら、日経リサーチのアンケート答えて電子マネーにお得に交換できるな!

銀行機関へ換金する場合って、1,000円からだから、もう少しボーダーライン低くてもいいのに~。

と、こちらの評判は賛否両論です。ただ、他サイトと比較すると、銀行機関へダイレクトに換金できるアンケートサイトが多いのも事実。

今後日経リサーチがポイント交換先を増やしてくれたらな、とは思いますね。

 

まとめ

  • 登録は歳以上であれば可能
  • 日本経済新聞社から生まれた大手企業
  • サイトセキュリティも安心
  • アンケートの主体はWebアンケート
  • 郵送調査は住所を入力する必要があるが安全
  • 住所入力は未記入でも良いが配信数は当然減る
  • Webアンケート以外は少な目
  • スマホは少し見づらい
  • ポイント交換はドットマネーを経由して行う

以上が、日経リサーチの安全性からアンケートの評判等についての解説でした。イメージの方は、無事伝わって頂けたでしょうか?

K

日経リサーチは、アンケート依頼時は報酬が高くて助かるというメリットの声。そしてその反面、メインの柱として稼ぐには、配信の数などでデメリットがあります。

したがって、どうしてもやってみたいという方は、他サイトとセットで使っていくのが望ましいといえるでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です