検索ニュースプラスの口コミから安全性についての解説とまとめ

私たちが普段、PCやスマホを使って行う検索。それをお小遣いといった素敵な副収入に換えてくれるサイト、検索ニュースプラスをご存知でしょうか?

新しいスタイルでサービスの提供を行うこのアプリ、果たしてどんな性能なのか…当記事では安全性から口コミ、稼ぐジャンルにはどのようなコンテンツがあるか、これよりまとめ記事として解説を始めたいと思います♪

 

運営元の会社情報を把握

まず、お小遣いサイトを始める前に知っておきたいのが運営元の情報ですね。検索ニュースプラスをプロデュースしている、株式会社A Incの運営の会社HPをはじめに見てみましょう♪

関連会社に株式会社jig.jpの記載がありますね。株主なのかな?という印象を受けましたが、jigの資本金は6億を超えている事から、企業力の強い関連会社がタッグを組んでいる。そのように解釈もできますね♪

会社情報を惜しみなく公表している、それは一定の安全性を保てているといえるものです。

 

検索ニュースプラスのホーム画面

ではどのようなサイト造りになっているのか、ホーム画面を見てみましょう。検索ニュースプラスはお洒落なデザインになってますよ♪

とてもイイページ設計♪上画像のNewsの部分、話題やエンタメ情報とありますね。アプリを開始する前に、どのカテゴリを表示しますか?と、出てきたのですが、簡単カスタマイズもできるんです♪

毎日無料で稼げるコンテンツ一覧

では、お小遣い化が可能な毎日稼げるコンテンツをこれよりピックアップしていきます!無料で入るものなので、額としてはちょこっとですが、塵も積もれば山となるというものです

PICKUP
  1. ログインポイントについて
  2. ニュース記事を見てpt
  3. 動画を見てpt

これらが毎日確実にポイントの入るコンテンツですが、まずはログイン。起動だけでptを獲得できるコンテンツから解説します♪

ログインでお小遣いGET

ポイントサイトで何気に重要で、コンテンツの筆頭としてあってほしいモノ。それはログインによるお小遣い獲得です。

検索ニュースプラスにはありますよ

検索ニュースプラスのptレート
  • 10pt=1円相当
上画像でいうと、たったの0.2円!?と思うかもしれませんが、ただ起動するだけで何の労力も必要としない。だからこそ意味があるんです♪

気付いたらポイントがこんなに貯まっていたのか!と、時間経過により実感できるのがログインポイントであり、口コミ評判においても良い声が上がっています♪

検索ニュースプラスの十八番

名前の通りですが、ここに魅力がぎっしりと詰まっているから私は、伝えたい…!

検索で稼ぐには
  • ホームのNewsを見るだけでpt
  • 検索窓で検索するだけでpt

この2パターンでptを獲得することが可能です♪

  • ホームのNewsでお小遣い

起動するとすぐに視界に入るので、そのまま閲覧しましょう♪

検索ニュースプラスを起動しptをもらった流れ、ついで作業に獲得する癖を付けるのがイイですね

  1. 朝(1~2pt)
  2. 昼(1~2〃)
  3. 夜(1~2〃)
最大で合計6ptが獲得できるわけです♪

  • 検索窓に打ち込みお小遣い

さて、続いては検索ポイント稼ぎですよ♪ここが最も検索ニュースプラスにおいて、メリットがあるかと思います。下画像をご覧ください。

1日200ポイントまで。つまり一日20円が検索だけで稼げてしまうのです。

管理人も検索を実際にやってみました♪

1ptと、一見少なっ!と思いがちです、が…!それだけではありませんでしたね♪

検索ポイントをゲットするたびランダムで2~1,000ポイントをさらにGETできます

それが上画像の右下にあるように、ボーナス加算となるわけです

何度も検索は面倒だ。そう思っていたとしても、普段GoogleやYahooを使って何気に検索しているワードって、ありますよね?

天気なんて特に検索することが多いはずです。そう、検索エンジンとしての機能が備わっているから、あなたが普段探していることを打ち込んであげればいいんです。Googleだと思って…♪

動画を見てお小遣い

動画を見ることでpt獲得できるコンテンツが検索ニュースプラスにはあります。

30秒程度で0.5円。これは、至極普通のレベルです。ちなみに、他サイトの多くは、2分程度も視聴して1円分という所が多々。

それに比べれるとまあ、悪くはないのでしょうが…もう少し獲得数を上げて欲しいかなあ、それが本音です。

 

ミッションメニューをチェック

検索ニュースプラスのホーム画面には「MISSION LIST」といったボタンがあります。そこは、ポイントサイトとしてサービスを利用し、pt還元を受けるという内容のものが多くあります。

それでは、見てみましょうか♪

会員登録。pt還元率としてはなかなかのものです(人気サイト比較)。こういったジャンルは、無料トライアルだけで脱退でき、かつptは付与されるメリットにあります♪

  • 会員登録(今ココ)
  • 応募
  • 購入
購入まではポイントサイトとしてのコンテンツではありますが、どんどん見て行ってみましょう。流し見でも構いません♪

1つのカテゴリにブッ込んでしまうと見づらいため、カテゴリ分けしてるのかもしれませんが、内容は「会員登録・応募・購入」とさほど相違はありません。

このような、お買物をしてpt還元を行うコンテンツが検索ニュースプラスにも備わっているわけです♪

店舗にインでお小遣い

私たちが普段外出先で寄るお店。検索ニュースプラスでは、指定された先にチェックインを行ったとき、なんとお小遣いが入ります♪

まだ数が少ないので、都心部でない方は不利な面もあるかと思いますが、以下の画像で軽く把握されていて下さい♪

飲食店が上画像真ん中では主たるピックアップですね。和民は私も行ったことがありますが、対象店舗に入ると通知があるため、そこでボタンを押すことによりptが入る仕組みなんです♪

どのような対象物件があるかというと…↓

かなりのクオリティです!ちなみに私の地域では1件だけありましたが(都心部じゃありません笑)、普段縁のないようなレンタカーの店舗でしたね…(残念)。

ただ、条件にハマる方にとってはとてもオイシイシステムじゃないでしょうか?都心部の方でかつ、食べ歩きの好きな方だと…チャンスですよ

アンケート関係は非推奨

ここはもう、軽く流し見程度で進んでください(笑)。要は、報酬が少ないわけです(苦笑)。

こういったコンテンツもあるよ的なレベルですね。これならば、アンケートの専門サイトで稼ぐほうが遥かにマシといえます…!

なお、最強クラスのサイトといえば、業界ではマクロミル(まとめ解説)、ここが王の座に君臨しています…!

貯めたptの換金に関して

500ptから貯めたptの交換が可能となっている検索ニュースプラス。いや、正確には1,000ptからとなっているわけですが、下画像をご覧ください。

下のLOOS SHOP、ここが500pt~というわけです。ちなみに、テーマ=サイト着せ替えデザインです。私たちは副収入を得るといった目的から反れたりしないためにも、テーマはスルーしておきましょう。

なお、現金化をされたい場合は、PeXから可能ですよ♪

 

検索ニュースプラス紹介について

検索ニュースプラスでは、「お友達紹介制度」が備わっています♪その中身としては…↓

1件成立で、報酬としては500pt=50円。

ブロガーとしてあなたが活躍を望む場合、上限が1,000人でSTOPの点や、50円という低い基準である事には留意しなくてはなりません。

何故か…それは、一件成立で500円の報酬のあるポイントサイトの王、ポイントタウンなどが牛耳る世界だからなんです。ちなみに、androidスマホ所有の方なら、アプリ版では歩数計でpt稼ぎができる機能も備わっていてW利用に私は推奨しています♪

 

ネット口コミからの考察

評判を知らねばサイトはやってられぬ…!そう思う方は私をはじめ、多くいらっしゃるはずです。第三者の目から見た検索ニュースプラスの口コミはどうなっているでしょうか。

その他として

  • pt還元数が高い
  • 友達に勧めても報酬が少ない

このようなものが主たる評判でしたね。私が操作し固まった時というのは、Wi-Fi接続でたまに次の画面に進まない時があったこと、それは把握しています。

その場合は、一度Wi-Fiを切り、画面が進むとサイトWi-Fi接続をする。このアクションで解決できることは覚えておいてくださいね♪

 

最後に管理人よりまとめ

以上が私からの、検索ニュースプラスまとめ解説でした。上画像には入りきれなかったチェックインもありますが…(笑)。

検索がもちろんメインですが、それ以外でもお小遣い稼ぎが出来るコンテンツがちゃんと備わっているわけですね♪まだ知らない方も多く、まさに穴場お小遣いアプリといえるはず。

そんな検索ニュースプラスは、管理人の評価としても上出来だとお伝えさせていただきます♪

検索ニュースプラスDLはこちらからOK

検索ニュースプラスと共に推奨したい

デイリー稼ぎ(毎日ポイントゲット)が可能なモッピーですね。無料ガチャは1円から出現する、月末には固まった財産と出来る国内最強のお小遣いサイトの1つです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です