i2iポイントでのポイント換金(交換)を実践解説

i2iポイントでは、お小遣いポイントを400円分ほど貯めれば、それを現金や電子マネーに替えることが可能。最低換金ラインがとても低く、低きハードルなら飛び越えるのも実にカンタンといえるもの。

当記事では、管理人が実際に行った換金の状態を元に解説を進めて行きます。少しでもイメージを具現化していただくことができれば幸いですね♪

まだ何もサイトの存在すら知らないという方は、i2iポイントの口コミ評判から安全性についてのまとめ解説もあります。併せて拝読していただくとよりご理解も深まるかと♪

i2iポイントの口コミ評判から安全性についてのまとめ解説

2018.06.25

交換換金画面への辿り方

さて、あなたがポイント交換ラインへ達したと仮定します。

  • パソコンからでも可能
  • スマートフォンも可能

そう、パソコンがないあなたでもi2iポイントはPCとスマホ、両方のポイント交換に対応しています。

ご存知の方もそうでない方も
  • ポイント単位は10ptで1円相当
  • ポイント期限はログイン1年間ナシで失効

プチ予習として上記事項を確認いただきましたが、早速画像付きで確認していきましょう♪

パソコン版でのイメージ

視認性の問題からスマホ版での方がわかりやすいと感じたため、スマホ版をメインに進めていきますが、パソコン版だとどのようになっているか。

下のイメージ画像でザックリですがご確認ください。

i2iポイントにログイン後、上記のステップを踏むような形となります。

スマホでのイメージ

まずは、ログインしたあとのトップページのイメージを見ていただきましょうか♪

左上にあるメニューボタンを押すと、上画像右のようにメニューの一覧が出てきます。

ポイントの交換完了までのステップ

それでは、実際に私が換金まで行いますね。先ほどの続きとして、メニューを押したあとは下まで下がっていきましょう。

換金依頼をタップしたあとは、本人確認のためのパス入力画面に。ソーシャルアカウント、もしあなたが提携しているSNSを退会した場合、面倒なことになっちゃいますよね。

その観点から、私はフリーメールを推奨しています(管理人が今回使用しているのはYahooメール)。

初回の方は説明書きの必読を

ポイント交換先は多数ありますが、私は銀行口座に振り込みを指定します。初回の方は特に、i2iの説明補足を見ておきましょう。

上画像右ページの説明、これは重要なところをピックアップしたのですが、初心者の方はじっくりと実際に見てみることを推奨します。

本来はもう少し深く記載されています(海外への振り込みは対応不可などのコトなど)。

換金するポイント数の入力

それでは、現在私は34,071ptを保有していたので34,000ptを換金しますよ♪

銀行口座に振り込みにチェックを入れ、枠内にポイント数を入力すると、確認画面へ進みます。

口座やポイント数に間違いがなければ、上記で依頼するを押しましょう。

  • 当月締めの翌月20日振込み

これで、あなたがi2iポイントを使い始めた場合、20日が待ち遠しくなってしまうことでしょう♪

処理の完了後の画面は以下の通りです。

マイページから、換金依頼中の額を確認する事も可能。

銀行口座の指定

口座情報の入力は、i2iポイントに登録後に公式より設定を行いましょう、といった類いのメッセージがあります。未処理の方は、早い段階で済ませておきましょう。

  • スマートフォンからの手順

以下に、ワントゥーステップでザックリとご覧ください。

登録銀行口座を確認を押した次の画面はこちら。

私の場合はすでに登録時に済ませておいたため、上記のように銀行口座を変更と表示されています。ですが、新しく設定する方は銀行口座を登録する…といった類いの文言に変わっているはずです。

そこから金融機関名や支店名などを入れて行き、済ませましょう。

  • PCからの設定手順

パソコンからの口座情報設定も、手順にたいした相違はありません♪

手順はシンプルなので、まず壁にぶち当たることはないかと思います♪

銀行以外の交換先

ここまで、他の交換先のことに一切触れず解説をすすめてきたのには、それなりの理由があります。それはやはり、ポイントサイトで唯一、換金の度にボーナスポイントのサービスを導入したi2iポイントだからです。

それでも、ジャパンネット銀行のようなネット銀行の開設予定がない方には用はないのかもしれません。

以下に、他の交換先の一覧をピックアップします。

上記電子マネー関係は、5営業日以内に反映とされています。5日以内というやつで、急を要する、現金は翌月20日だから待てない!という方には1つの選択肢としてアリですね♪

なお、ドットマネーの1%増量、PeXの1.5%増量についてはキャンペーン中につき、常日頃開催していないことにご留意ください。

  • i2iポイントからドットマネーでの例

5,000円分のptを交換すると仮定。1%の50円分がドットマネーに付与される仕組みです。

  • 電子マネーPeXでの例

上記のように、5,000円分のptを交換すると、1.5%の75円分がPeXポイントに上乗せされます。

なお、ドットマネーはキャンペーンポイントのみ、期間限定で当月末に失効するため、移行したらすぐに現金化するようにしましょう

 

ここまでのおさらい

それでは、最後に管理人よりここまでのおさらいを軽くしたいと思います。

  • 利用可能端末はPCスマホ双方可能
  • 400円分(4,000pt)から現金換金可能
  • 換金手数料関係はオール無料
  • i2iだけのジャパンネット銀行優待は最強
  • 電子マネーなども幅広い網羅
  • 電子マネーは原則5日以内に反映
  • 口座設定はマイページから楽々

以上が、i2iポイントでのポイント換金(交換)に関する解説でした。私は、i2iポイントを知る前にすでにジャパンネット銀行を開設済みだったため、煮え湯を飲みました。

しかし、まだの方は、私のかたきを討ってください(笑)。そして、私よりもお得にサービスを受けて下さい。と、若干管理人のぼやきもありましたが、愛用はやめられません。

実践記としてお伝えしたように、現金化で財布も少し重くなりましたからね♪深めに解説を進めてまいりましたが、もしそれでもわからないコトがあれば、公式ページをじっくり見てみましょう。

当ブログでも、質問があれば、わかる範囲なら回答したいと思います♪

↓最高のスタートダッシュを↓

i2iポイントサイトへのご招待です♪

管理人補足として、上記は友だち紹介バナーであり、登録ボーナスがまず加算されます。プラスでプロフ入力を済ませると追加で1,000pt。合計200円分相当をゲット可能です。

i2iポイントの口コミ評判から安全性についてのまとめ解説

2018.06.25

ジャパンネット銀行をi2iポイント経由で開設すると換金の度にお小遣いが入る!

2018.04.04

ここまでのご閲覧ありがとうございました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です